amor mundi

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
帰る場所

 小さな頃は感じなかった違和感。だけど、10歳になった時、私はそれを感じてしまった。
「何処に行けばいいんだろう」
 それは、今、ここに在ることに対する違和感だった。私の居場所が、ここではない何処かにあるのだという感覚。それを、ずっと抱き続けてきた気がする。家族といるときも、友達といるときも、恋人といるときも。私はいつも一枚のベールを隔てて、誰かと一緒にいた。そのベールの向こう側で物事が進んでいくのだけれど、私はその中に入り込めない、だから取り残されてしまう。何でも、すごく他人事に見えてしまう。

 ここにいるから、いけないんだろうか。何処かに行けばいいんだろうか。ここから出て行けば、何か変わるのだろうか。そう思ったまま、何も変えないまま、勝手に諦めて、まぁこれも良いんじゃないかって達観した気になって、過ごした。

 だけど大学に入って、ある友達が教えてくれた。人に甘えるのも、怖いことじゃないって。その子は、私に仮の宿を与えてくれて、いっぱい甘やかしてくれた。そして甘え上手だった。誰かに頼るとか、甘えることを恐れてたんだ、ってその時気づいた。ベールは自分で作ってたんだ、って。心を開いて、自分が思っていることを語ったら、自分を分かってもらおうと働きかけたら、そのベールは消えていた。
 けど、やっぱり居場所はなかった。彼女には恋人がいたから。別に私が蔑ろにされた、ってわけじゃない。ただ、その恋人は、私の入れないポジションを彼女の中に築いてた、ってだけ。

 そんな時、『冷静と情熱のあいだ』という本を読んだ。
「人の居場所なんてね、誰かの胸の中にしかないのよ」
 意味は分かった。けれど、実感出来なかった。私は、恋人の中に、自分の帰る場所を作れなかった。私の恋人は、私に帰る場所を与えてはくれなかった。甘えたつもりで、甘えられなかった。

 だけど、出会ってしまった。離れられないと思った。彼と分けられたら、一生の終わりだとさえ思わせられる恋人だった。甘えるだけでは飽き足らず、依存してしまった。そして私もまた、甘えられ、依存されていた。狂うくらいに彼だけを求めていた。
 だけど、その恋も、終わった。
 今や私は、家族にも友達にも甘えることが出来る。彼らが引き出すままに、私は自分を曝す。恋人はいない。帰る場所もない。だけども、帰る場所を知った。

 留学をして、私は何よりも重要なことを学んだ。人生なんて、自分の生きる場所に出来上がるもの。今、ここに在ることで、私のやるべきことも、やりたいことも自然に生まれる。人は生きてる限り、それに向き合わなきゃいけない。日本でだって、ドイツでだって、それは一緒。だけど、帰る場所は、必ずしも自分が在るところに出来上がるわけじゃない。それは、私が私をさらけ出せる人びとのいるところに出来上がる。
 家族が私の家を保ってくれて、友達が私の学ぶ場を、働く場を、遊ぶ場を保ってくれる。そんな小さな、けれど掛け替えのない仮の宿が、今は帰る場所として私を支えてくれている。まさに青い鳥。欲しがっていた帰る場所なんて、居場所なんて、案外身近にあるものなんだ。それは、そこから出なきゃ、気づかない人もいるって話。

 けどさ、両親はいつか世界を去って、兄弟姉妹は新たな家族を作り、友達は家庭を作るでしょ。そしたら、私の帰る場所は、きっとどんどん思うようにはならなくなるよね。彼らは自分の帰る場所を充実させようと、当たり前のことをするだろうから。
 それが、今はちょっと怖いんだ。

| 22:35 | private | comments(0) | trackbacks(0) |
下着

 留学すると、現地で買わなければならないものが幾つか出てくる。その筆頭が消耗品。食品はもちろん、例えばシャンプーとかリンスなんて既に数回買ったし、スキンケアも全てドイツ製に換わった。洋服だって全部じゃないけど買い足していく。なぜか分からないけれど、(わが寮の洗濯機が悪いのか)、衣料品の傷みが半端じゃない。だからと言って買ったものも長持ちするかと言えばそれは別で、縫製とか生地の面でも格段に日本のものの方が良いのだけれど。中国製であることは一緒なのにおかしいと思う。

 で、下着。もともと持ってきた数が少なかったのだけれど、半年経って購買意欲が湧いてくる。そこで夏の終わり、7月下旬に友人と開店したばかりのTriumph(1886年ドイツで設立された会社)に行ったことがあった。
 が、問題発生。アンダーが75〜しかない。更に試着して発見。カップはA~あるのに、なぜか日本サイズのAとBがドイツのAに合算されている。つまり日本のサイズはドイツよりも細かく設定されているらしい。ドイツのAじゃ小さいし、Bだとフィットしない。これって将来形崩れちゃうんじゃないの?と考えて、思い出した。私の先生、ブラしてなかった…そうなんです。結構いらっしゃるんです、ノーブラ族。相対するこちらの方がドキッとしてしまいますが、本人は至って平然とされているので目のやり場に困ったりします。特に夏場ね。
 まぁそんなこんなでブラは諦めたわけです。けど、どうしても挑戦したいものが出来ました。TriumphとかH&Mとか、下着が売ってる場所なら絶対に目に付くもの。そしてどうやら女性の大半が使っているであろうもの。それが、ティーバック。
 どうやらドイツでは皆さんティーバックをはいているようです。お子様からおばあちゃんまで。綿からレースまで色とりどり。以前、友達の白いワンピースに透けて見えたティーバック。あらセクシーね、なんて思っていたけれど、彼女だけが特別だったわけではなかったらしい。
 他の留学生仲間からは拒否されたけど、一人でもやるもん、と挑戦。予め紐が細いのは痛いから止めておくよう忠告を受け、いざ履き心地の良さそうなティーバックをゲット!

 …はけりゃ何でも一緒かも。

| 20:18 | private | comments(0) | trackbacks(0) |
ホームシック

 最近、留学半年にして再びホームシックにかかっている。今更?と思いつつ、一ヶ月目も三ヶ月目も来たから、私の中で何か周期があるんだと思うことにした。だけど、だけど。一昨日、祖父母の夢を見たと思ったら、昨日は家族の夢を見た。おいおい…

 そういえば去年一ヶ月のサマースクールに行っていたときも、到着後すぐにホームシックにかかった。到着日は現地の学生が空港まで迎えに来てくれていて話せたんだけど、たまたま翌日から週末で、土日とも1人っきり。他の子はシェアルームの同居人が日本人だったりするのに、私は同居人不在。今考えれば不安だったんだろうな、と思えるけど、あの時の寂しさと言ったら!!
 家族には心配かけられないし、当時の彼には自分が望んで離れてるんだからと甘えられず。結局救ってくれたのは、「ホームシックは1週間までだから、大丈夫だよ」という友達からのメール。あれも運良く友人のパソコンを借りられた一時に見られたもので、目にしていなかったらもっと大変だったろうなぁ。
 けど、その後授業が始まり友達も出来て、たくさん外出するようになる頃には自然と納まった。


 なのに、どうして今頃?悩んだときは原因をはっきりさせるのが良い。病気だって病名がつくだけで安心したりするものだから。

 『広辞苑』に依れば、ホームシック(英:Homesickness、独:Heimweh)とは「家庭や故郷を離れている者が陥る、ひたすらそこに戻りたがる精神状態。懐郷病」を指すらしい。うーん、私は何処に「戻りたが」っているんだろう。友達は故郷の味が懐かしい、家族に会いたい、パートナーが恋しいと言う。
 確かに日本食は美味しい。けどアジアンショップはあるし、そこまで不自由はしていない。
 じゃあ家族に会いたいんだろうか。うん、会いたい。友達も?もちろん!!留学している友人の多くがSkypeをしているのだけれど、私はしていない。後悔しているわけじゃないし、手紙を交換し合っている喜びがあるからいいのだけれど…物足りなさが募る。手紙だけじゃ足りない。というのも、心を完全に開ききって思っていることを率直に伝えられる友人が今ここには少ないからかもしれない。ドイツ語は母国語なみにはまだ話せないし、何より日本人コミュニティのややこしさがねぇ。
 あぁ、これなのか。日本人コミュニティというものが意外とどこにでも存在する。パリに留学していた先輩もそう言ってた。初めはうまく距離をとってたんだけど、最近それがちょっと壊れて近づきすぎていた感がある。小さい社会だから関係もごちゃごちゃ、苦手とするしがらみとやらも存在する。そりゃあ疲れるでしょう。こっちでの人間関係が上手くいかない時にばかり、ホームシックにかかる。
 けれど、それは単なる逃避。立ち向かって、解決しなければならない問題なのだと思う。何処だって、いつだって自分の好きな人たちだけに囲まれて生きていくことなんて出来ないし、そんな小さな社会は真っ平御免だ。ホームシックの根本的な解決。それはまだまだ自分の中に燻る非社交性の改善でしかない。

| 08:00 | private | comments(0) | trackbacks(0) |
今週、私がごみ当番です。

 寮の部屋の扉→
(2階在住なのに、608号室。そうそうドイツは欧米圏ルールに則り、日本で言う2階が1階になり、日本で言う1階は地階と呼ばれる)。

 で、今週の頭に「Mülldienst」看板がぺたりと貼り付けられていた。看板にある写真はごみ収集BOXが大爆発!?多分ごみ当番よね?と思い、我が寮のボス、Peterのもとへ。彼はインターネットを繋げてくれたり(繋がらなかったけど)、パーティを催してくれたりする学生代表みたいな立場にある人で、留学生仲間のあいだでは敬愛を込めて「パパ」と呼んでいる。

 その通り、ごみ当番の看板だったよ。(そもそもMulldienst自体は「ごみ当番」を表す。友人のWGは「ゴミ」とだけ書かれた看板が使われているらしく、初め見たときはいじめかと思ったそう…そりゃそうだよね)
 13人も住んでいるとゴミはあっという間に溜まるし、なのにごみ収集所は建物の外だし!という情況なので、毎日こまめに「昨日は紙ごみ、今日は緑のビン、明日は茶色のビン」と分類して捨てるしかないわね。ドイツのゴミ分別は、日本ほど細かくはない、と思う。(地域によるのだろうけど)基本は緑・白・茶のビン、缶、生ゴミ、紙、ビニール、その他。ただリサイクルがしっかりされている分類の仕方だなと感じさせるわけ方だよね。分類はね。細かく分ける人もいれば、全部その他に入れちゃう人もいる。共同だからこそ目に付く部分。おーい。

| 23:04 | private | comments(0) | trackbacks(0) |
お祝い事

 一昨日、ある友人から一通のメールを受け取った。
「私、結婚することに相成りました」
 …え!!年齢的にもおかしくないし、実際私の周りにも数人既婚者はいるわけですが。
 彼女もドイツ在住。留学中に恋に落ちた彼と、自分自身の将来のために渡独し、今は日本語教師の職を探しつつ彼と暮らしてる。で、結婚。お披露目パーティは5月。いいねぇ、結婚とはなんだか幸せの代名詞のように聞こえる。けど、結婚。もう何組か結婚しているというのに、未だに結婚とは何なのかが分からない。私が学生だからなのか、まだ馴染みがないからなのか。

 続いて昨日。妹ちゃんからメールが。
「朗報です。今日、内定貰いました。しゅーかつ終わり!!」
 あなたも。すごいねぇ。

 そして今日、4年ほど前Jonathans'で働いていたときの友人から、昨夜に無事出産を終えたとの報告を受けた。3134弔僚の子。もう絶対かわいい!!
 彼女は去年結婚をして、その式にも出席して、大きくなってゆくお腹も見ていたので感慨深い。すぐ駆けつけることの出来ない、直接おめでとうの言えない距離がもどかしいけれど、距離は離れていても連絡をもらえて、お祝いの言葉を伝えられる環境で本当に幸せだなぁ。


 20歳過ぎてからは転げ落ちるように、とよく先生が言っていたものだけれど、本当に時間が過ぎるのが早くて。私も後一ヶ月で25歳になる。あらまぁ。
 随分昔から、ハッキリとは思い出せないほど子どもの頃から、私の女ざかりは32歳だ!と思い込んでいる。その思い込みの根拠は思い出せないのだけれど…まぁ山口智子さんの影響なのかな。回顧的錯覚かもしれないけれど、ロング・バケーションとか29歳のクリスマスとかの印象が色濃く残っていたのかと。
 ロンバケが放映されていたのは1996年。と言えば、私は10歳!小学生にとっては20歳の人でさえ大人に見えるけれど、当時の私の目の前にいた山口さんはとっても格好良かったから、32歳の力強くてしなやかな姿勢に憧れたんだろうな、と今更ながらに思う。うん、本当にステキな人です。
 この32歳というのは単に数字の問題ではなくて、「力強くてしなやかな」女性を目指してきたってことなんだなぁと今改めて納得。32歳まで残すところ後7年。
 先生には10代が20代をつくる、20代が30代をつくると言われてきた。友人の中にはもう社会人何年目という人、結婚をした人、親になった人、学者を目指して進学・留学をした人もいて。その一方で、ステディな彼がいるわけでもなく、ただ学生として留学している私もいるわけで。人によって時間の進みや、その歩み方はバラバラだなぁ、なんて思う。
 きっと前だったら焦ったり置いてきぼりにされたかのように感じたのだろうけれど、今はこれが私の生き方なんだと余裕が持てるようになった。これが大人になる、ということなら、変化するのも悪くないよね。

| 21:15 | private | comments(0) | trackbacks(0) |
自転車
がこの街では必需品。それほど大きい街ではないのだけれど、講義棟が街中に点在しているのでバスでは間に合わない!!なぜって。休憩時間が30分あっても、講義棟と講義棟のあいだが歩いて45分なんて距離なんだから。バスで乗り継ぐより、自転車を買った方が断然楽なのだと判断し、購入を決意。中古自転車を求め、いざフリーマーケットへ!

 蚤の市、と言われるマーケットが日曜日には至る所で開催されていて、今日行ったのもその一つ。駅の裏のバス停で行なわれている。自転車だけ見てもその値段はピンきり。(調べて分かったのだけれど、この「ぴんからきりまで」という表現。諸説あるものの、ポルトガル産という説が有力らしく、その意味は「ピン」がサイコロやカルタにおける「一」を、「キリ」はカルタの12枚目である「最終」を表すのだとか。つまり「ピン」は下限で「きり」が上限ということ)20ユーロ〜売っている!!今は1ユーロが127円だから…ワーオ。けれど自転車屋のおじさんと話したら、あれは乗ってすぐ壊れたり、タイヤがパンクしてたり、保証がなかったりと散々なんだよ、とのこと。なので、彼を信用し180ユーロの自転車を購入。
 ドイツでは4、5万円するのは当たり前の自転車。長く大事に使うんだろうな。それを証明するかのように、駐輪場の自転車はどれも古く使いこまれた味がよく出てる。新品は盗まれてしまうとも聞いたし(それは日本も一緒だけどね)、中古で十分さ。

 さて、この子。黒のボディに青のライン。サドルは高く、ペダルを後ろに漕げばブレーキがかかる!そう、ドイツの自転車は手のブレーキよりもペダルを使ったブレーキを多用するらしい。そんな優秀なボーイ、ガール?
 そういえば実果子(ご近所物語)は愛用のバイクにサリーちゃんと名づけ、ある知人は愛用の車椅子にキャサリンと名づけていたなぁと回想。この一年、誘拐されない限り、この子は確実に私のパートナーとして街中を駆け回ってくれるわけで、こりゃあ名前をつけて仲良くならなければ!と考えた。
 うーむ。 
続きを読む >>
| 18:44 | private | comments(0) | trackbacks(0) |
再始動

 ネットの世界では、自分の見せたい姿だけを曝すことが可能だと思う。時には現実世界とは別の人間を演じることも出来る。時にはリセットも出来る。
 このブログ(旧タイトル「窓の外の雨」)は2005年から続けてきて、一時期は休止もしていた。だから本当はこれを機会に新たなブログを立て、これは公の場から消すべきものかもしれないとも考えた。だって、あまりに個人的で一方的過ぎて、他の人の目というものを気にしていなさ過ぎる。本当に思ったことを、思ったように書いてしまった個人的な日記。 思春期、という一言で片付けるにはあまりに偏った見方と口調だけど、あの時はあの時でここがはけ口の一つとして私を救ってくれてたのも確か。 まぁ折角だし、まだ続いているわけだし。何といっても私の過去の一部だしなぁ、と思いこのまま続行することに決定。お目汚しとなりうるかもしれないけれど、読後の文句は受け付けませーん。

 2007年4月の記事が一応区切りなのかな。きっかけをくれたのは、当時お付き合いしていた彼だったねぇ。とっても大好きになって、初めて「彼しか見えない!!」状態に。対面も勉強も友達もバイトも、何よりも彼を優先した盲目的な恋でした。実際、「変わろう!」と思ったことで、生活自体も落ち着いた気がするのは偶然なのかしら。色々なごたごたが落ち着いたのもこの頃かと。
 2008年、新生活に突入します。
 今後は「amor mundi」として、どうぞ宜しくお願いいたします。

| 16:06 | private | comments(0) | trackbacks(0) |
ありがとう。
『自分の言葉で語ってきた。
 嫌なこと、哀しいこと、
 それは全て只のモノローグ。

 誰かに分かってもらうわけでもなく、
 ただ吐き出して満足していた。

 さぁ進もう。
 ダイアローグへ』


 苦しみの置き場所を探していました。
 理解は求めていませんでした。
 ただ悟ってほしかったのです。
 これは甘え。

 分かってもらう努力をしたいのです。
 自分のことばを放置して、
 後は相手の察知能力に頼る真似はもうしません。

 自足的な言葉では、
 私はいつか一人になってしまいます。
 今、失いたくない人が現れ、
 互いに理解し合いたいから、
 私は変わります。


 ありがとう。
 今までの私には、
 雨に逃げていました。
 
 さようなら。
 今からの私には、
 雨の中でも諦めません。

 雨は分断ではなく接続。
 みんな、繋がっているのです。



2007/04/20 「窓の外は雨」 aki ENDO拝
| 18:36 | private | comments(0) | trackbacks(0) |
何度目
『自分が傷つくのが怖くて、
 相手を試す。
 疑う。
 傷つける。

 けど傷つけられるのは、
 私が悪いからなんだよね』


 じゃあ止めようか。

 止めたいの?
 私たちの可能性を決めつけないで。
 諦めないで。
 まだ頑張れるから。

 けどね。
 もし君が、
 もっと自分たちの可能性を引き出せる子と出会えたら、
 そしたら終わりだね。

 私がなりたい自分が既にいるなら、
 もう発展途上の私を待つ必要なんて、
 どこにもないんだから―
| 02:02 | private | comments(0) | - |
二度目
『好きだから』


 じゃあ別れようか。
 その一言が言えない
| 02:02 | private | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/10 | >>