amor mundi

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
自転車
がこの街では必需品。それほど大きい街ではないのだけれど、講義棟が街中に点在しているのでバスでは間に合わない!!なぜって。休憩時間が30分あっても、講義棟と講義棟のあいだが歩いて45分なんて距離なんだから。バスで乗り継ぐより、自転車を買った方が断然楽なのだと判断し、購入を決意。中古自転車を求め、いざフリーマーケットへ!

 蚤の市、と言われるマーケットが日曜日には至る所で開催されていて、今日行ったのもその一つ。駅の裏のバス停で行なわれている。自転車だけ見てもその値段はピンきり。(調べて分かったのだけれど、この「ぴんからきりまで」という表現。諸説あるものの、ポルトガル産という説が有力らしく、その意味は「ピン」がサイコロやカルタにおける「一」を、「キリ」はカルタの12枚目である「最終」を表すのだとか。つまり「ピン」は下限で「きり」が上限ということ)20ユーロ〜売っている!!今は1ユーロが127円だから…ワーオ。けれど自転車屋のおじさんと話したら、あれは乗ってすぐ壊れたり、タイヤがパンクしてたり、保証がなかったりと散々なんだよ、とのこと。なので、彼を信用し180ユーロの自転車を購入。
 ドイツでは4、5万円するのは当たり前の自転車。長く大事に使うんだろうな。それを証明するかのように、駐輪場の自転車はどれも古く使いこまれた味がよく出てる。新品は盗まれてしまうとも聞いたし(それは日本も一緒だけどね)、中古で十分さ。

 さて、この子。黒のボディに青のライン。サドルは高く、ペダルを後ろに漕げばブレーキがかかる!そう、ドイツの自転車は手のブレーキよりもペダルを使ったブレーキを多用するらしい。そんな優秀なボーイ、ガール?
 そういえば実果子(ご近所物語)は愛用のバイクにサリーちゃんと名づけ、ある知人は愛用の車椅子にキャサリンと名づけていたなぁと回想。この一年、誘拐されない限り、この子は確実に私のパートナーとして街中を駆け回ってくれるわけで、こりゃあ名前をつけて仲良くならなければ!と考えた。
 うーむ。 

 その後、妹ちゃんが直々にこの自転車に命名。キャサリンに決定。キャサリンと言ってくれたのだけど、これは英語名。ドイツにいるんだからと言うことで、ドイツ語発音のカタリナに。ギリシア語のkatharos(純粋)から来たのだとか。

| 18:44 | private | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 18:44 | - | - | - |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>