amor mundi

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
今週、私がごみ当番です。

 寮の部屋の扉→
(2階在住なのに、608号室。そうそうドイツは欧米圏ルールに則り、日本で言う2階が1階になり、日本で言う1階は地階と呼ばれる)。

 で、今週の頭に「Mülldienst」看板がぺたりと貼り付けられていた。看板にある写真はごみ収集BOXが大爆発!?多分ごみ当番よね?と思い、我が寮のボス、Peterのもとへ。彼はインターネットを繋げてくれたり(繋がらなかったけど)、パーティを催してくれたりする学生代表みたいな立場にある人で、留学生仲間のあいだでは敬愛を込めて「パパ」と呼んでいる。

 その通り、ごみ当番の看板だったよ。(そもそもMulldienst自体は「ごみ当番」を表す。友人のWGは「ゴミ」とだけ書かれた看板が使われているらしく、初め見たときはいじめかと思ったそう…そりゃそうだよね)
 13人も住んでいるとゴミはあっという間に溜まるし、なのにごみ収集所は建物の外だし!という情況なので、毎日こまめに「昨日は紙ごみ、今日は緑のビン、明日は茶色のビン」と分類して捨てるしかないわね。ドイツのゴミ分別は、日本ほど細かくはない、と思う。(地域によるのだろうけど)基本は緑・白・茶のビン、缶、生ゴミ、紙、ビニール、その他。ただリサイクルがしっかりされている分類の仕方だなと感じさせるわけ方だよね。分類はね。細かく分ける人もいれば、全部その他に入れちゃう人もいる。共同だからこそ目に付く部分。おーい。

| 23:04 | private | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 23:04 | - | - | - |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>