amor mundi

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
下着

 留学すると、現地で買わなければならないものが幾つか出てくる。その筆頭が消耗品。食品はもちろん、例えばシャンプーとかリンスなんて既に数回買ったし、スキンケアも全てドイツ製に換わった。洋服だって全部じゃないけど買い足していく。なぜか分からないけれど、(わが寮の洗濯機が悪いのか)、衣料品の傷みが半端じゃない。だからと言って買ったものも長持ちするかと言えばそれは別で、縫製とか生地の面でも格段に日本のものの方が良いのだけれど。中国製であることは一緒なのにおかしいと思う。

 で、下着。もともと持ってきた数が少なかったのだけれど、半年経って購買意欲が湧いてくる。そこで夏の終わり、7月下旬に友人と開店したばかりのTriumph(1886年ドイツで設立された会社)に行ったことがあった。
 が、問題発生。アンダーが75〜しかない。更に試着して発見。カップはA~あるのに、なぜか日本サイズのAとBがドイツのAに合算されている。つまり日本のサイズはドイツよりも細かく設定されているらしい。ドイツのAじゃ小さいし、Bだとフィットしない。これって将来形崩れちゃうんじゃないの?と考えて、思い出した。私の先生、ブラしてなかった…そうなんです。結構いらっしゃるんです、ノーブラ族。相対するこちらの方がドキッとしてしまいますが、本人は至って平然とされているので目のやり場に困ったりします。特に夏場ね。
 まぁそんなこんなでブラは諦めたわけです。けど、どうしても挑戦したいものが出来ました。TriumphとかH&Mとか、下着が売ってる場所なら絶対に目に付くもの。そしてどうやら女性の大半が使っているであろうもの。それが、ティーバック。
 どうやらドイツでは皆さんティーバックをはいているようです。お子様からおばあちゃんまで。綿からレースまで色とりどり。以前、友達の白いワンピースに透けて見えたティーバック。あらセクシーね、なんて思っていたけれど、彼女だけが特別だったわけではなかったらしい。
 他の留学生仲間からは拒否されたけど、一人でもやるもん、と挑戦。予め紐が細いのは痛いから止めておくよう忠告を受け、いざ履き心地の良さそうなティーバックをゲット!

 …はけりゃ何でも一緒かも。

| 20:18 | private | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 20:18 | - | - | - |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>