amor mundi

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
Gackt『自白』

『幼い頃から、ずっと探してきた、
 僕が僕でいられる場所。
 誰かのコピーにならなくてもいい、
 僕が僕でいていい場所―。

 人の存在の意味を見極めていくことが、
 音楽をやるうえで、
 僕がやるべきことだと思っている』


 私が唯一無二の存在でいられる場所、
 オリジナリティを保持できる場所。
 そんなもの、自らの手で作り上げるしかない。
 そして守るのではなく、保持しなければならない。

 彼が音楽を通して築いたファミリーは、
 どれだけ大きく、どれだけ愛しいか。
 それは彼自身だけにしか分からない。
 けれど、それを分かち合うのがファミリーで、
 共有するものが愛なのだろう。

 私が欲するものは、
 心のうちを曝け見せるところは、
 安らぎの時をもてる人は、
 幸せとは−

GACKT
光文社
(2003-09-26)

| 03:48 | book and music | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 03:48 | - | - | - |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>